けだまの独り言置き場

デジ絵描きのだらだら日記

2019年の日本レコード大賞にFoorinさんの「パプリカ」が選ばれて個人的に喜んだ話

www.nikkansports.com

Foorinさん、パプリカをプロデュースした米津玄師さんおめでとうございます。

やりましたねぇ!

ようやく、ようやく、日本音楽界に希望の光が取り戻しつつ…!

実を言うと、自分はこの曲はレコード大賞に選ばれるのでは?という予感はしてました…

 

なので、普段は全く見ていないレコード大賞を見たというか…

 

自分は運転中によくラジオを聴くのですが、ラジオから大量の曲が流れる中で、今年一番耳に残ったはこの曲「パプリカ」です。

https://www.youtube.com/watch?v=T0valuAksuo

作詞作曲したのは米津さんだと後々知るわけですが…

何故こんなに曲が頭に残るのかは正直な所分からないw

 

何故選ばれたのかをまじめに考察してみると、メロディが良い事はノミネートされる全ての曲に言えると思うので、やっぱり歌詞ですかね。

 

人間の耳って、「パ行」が好きなんですかねぇ?

PPAPが流行ったのは「p」の発音が多かったので物凄く印象に残りやすく、結果的に世界的にも流行したのかなと思っているのですが…

www.youtube.com

 

そのパプリカも出だしに「パ行」が続いているのか、地味に耳が気持ちいい…

そして、サビの出だしに「パプリカ」を持ってきたのは素晴らしいセンスだと思いました。

恐らく「ピーマン」や「パピルス」ではここまで曲が頭に残らなかった気がします。

まさに絶妙なチョイスというか…

サビ抜きにしても全体的に歌詞が明るくて老若男女問わず分かりやすいので大賞に選ばれた気がしますね。

これこそ「日本」レコード大賞に相応しいっていうか…? 

 

アイドルグループが日本音楽界の中心とする事は悪い事だとは思っていませんが、ここ数年お世辞にもあまり浸透されてない曲が選ばれたりして「日本レコード大賞まで社会現象にもなってない曲を大賞に選んじゃってどうすんのよ?」という感想しか出ず…

アイドルは嫌いとかいう感情は全くないのですが(じゃないとアイドルアニメ見とらんわ)、正直個人的にはもうお腹一杯…

「今の日本音楽界は氷河期に入った」という書き込みをどっかで見た気がしますが、確かにそうかもしれないな…と。

アイドル界隈ではかなり盛り上がっているが、相対的にその他が盛り下がっていたという印象もここ数年感じていたり…

 

そこで、ある日突如現れたのが米津玄師さん。

若者のアーティストの中でも群を抜いており別格のヒットメーカーです。

 

そして、レコード大賞に選ばれた「パプリカ」。

これが一体何を意味するのか…

自分にはこの子供向けの曲が希望の光に見えましたね。

いずれにせよ、歌う米さん、曲を作る米さん、時には絵を描く米さんは偉大なるユメピリカである。

 

米津さんの効果なのか、日本の音楽界隈の活気が徐々に戻ってきた感じがしますね。

米津さんを筆頭に、最近だとあいみょんさんとかOfficial髭男dismさんとか…

もちろん星野源さんという逸材も忘れてはいけない。

こういった才能溢れた人材をどんどん全面にして輩出してほしいですね。

Little Glee Monsterさんも初見でしたが力強い歌声で感動しましたし、DA PUMPさんも2年連続ノリのいい曲で楽しませて貰いました。

 

 

余談ですが、自分の中では才能が物凄いアーティストと言えばやっぱり村下孝蔵さん。

www.youtube.com

これほんとにすごい。一回でも良いから生で聴きたかったな…

作詞作曲センスもすごい、歌唱力もすごい、そして何よりずば抜けたギターの演奏力…

村下さんに並ぶ、あるいは超えるような才能を持ったアーティストはいるのだろうか…

大石昌良さんとはまた凄さのベクトルが違い、綺麗な日本語で詞を書けるのも村下さんの魅力です。

もしかしたら今後も出る事がない唯一無二の天才なのかも知れませんが、いつか村下さんに匹敵する才能がまた現れる事を願っています。