けだまの独り言置き場-主に絵に関するだらだら日記-

デジ絵描きは高いPCメガネをつけるべき?一般的なものより少し高い「9000円弱のPCメガネ」を購入してみたという話

f:id:kedama_okm_pppokm:20191105172402p:plain

f:id:kedama_okm_pppokm:20191105172415p:plain
(―レンズをいとも簡単に割る液タブフラッシュの破壊力―!)

どうも、年々少しずつ視力が低下してきているけだまです。

パソコンで長時間仕事していると目が疲れますよね。

という事で、目の疲れを軽減できる(と言われている)「PCメガネ」について少し触れていきたいと思います。

あ、ちなみに自分は今も裸眼です。

PCをメガネを買おうと思った動機

単純な話、目へのダメージを軽減させる為です。

長年デジタルで絵を描き続けると視力に影響が…

自分はデジ絵描き続けて4年になりますが、自分は4年で視力が2.0→1.5に低下しました。(…ん?別に1.5でもいいような…?)

…まぁデジ絵が原因で視力低下したのかは正直ハッキリ分かってませんが(笑)

この記事でも述べましたが、液タブユーザーなら更に注意ですね。

ただ、2~3時間ぐらい絵を描き続けていると、目が痛くなる…というより痒くなります。何かしら目に症状が出る事には出ます。

痒くなるのが少し鬱陶しく感じて作業捗らなくなる事もあったので、目のダメージ対策ってできないんかなぁ?って思ってました。

それで、やはり真っ先に思い浮かんだのが「PCメガネをつけよう」という事です。

PCメガネといえば「ブルーライトをカットして目を保護する~…」みたいな事をよく聞かれますよね。「PCメガネで本当に目のダメージ減らせるのか?」と気になっていたので、まず最初に次のようなPCメガネを買ってみました。

JawweiのPCメガネ(1280円)

1000円台というやっす~いPCメガネです。
本屋とかデパートとかに売られてるPCメガネもこれくらいの値段ではないでしょうか?本屋でPCメガネを買った事もあるので大体1000円ぐらいだったかなという記憶があります。
本屋で買ったPCメガネはどこかに失くしたので、代わりにこのJawweiのPCメガネを買った訳ですが(笑)

使ってみた感想

目の疲れが少し軽減されたかな~?って印象です。
本当にこのPCメガネの効果なのか、それとも単なるプラシーボ効果なのかは分かりませんが…安物だからまぁこんな感じかと大多数の人は思うかもしれません。
はい、ここで問題点挙げます!
問題点1:レンズが全体的に少し黄色っぽい
レンズが少し黄色いという事は視界も全体的に少し黄色っぽくなります。
ネットサーフィンとかYouTubeとかを見るだけにPCを使う人にはいいかもしれないが、デジタルで絵を描く人からすればこれはいかんでしょという。
この少し黄色っぽいレンズのせいで、色塗りの際に塗った所が思った色と少し違う事はよくありましたね。
特にアニメーターやイラストレーターといった色塗りを重視する人はPCメガネを付けない方が良いかなと思いました。
ただ、下書きや漫画みたいなモノクロならPCメガネをつけてもいいのかなとは思いました。レンズが少し黄色であろうがモノクロならばそんなに影響ないので。
 
ちなみに、1000円ぐらいのPCメガネは大体レンズが少し黄色がかっています。
だから…嘘ついちゃダメですよ~?
Jawweiさんに限った話じゃないですけど、Amazonに貼られている写真を見ると「いかにも透明レンズだ!」という感じに見せてるんですよね。
自社の商品を売り込む為には見映え良くする事は当たり前なんですが、このPCメガネに限ってはよく落とし穴にハマりがちなんですよねぇ~。
自分もこの商品の写真見て「お、透明やんけ!」と購入したのですが、実際に装着してみたら「う~ん、黄色!w」という。
まぁ値段が安いし効果はないことはないので、それ程ショックではなかったですね。
という事で、安いPCメガネはどれもレンズが黄色っぽいという事は覚えた方が良いでしょう。
問題点2:しばらく下を向くとPCメガネがずれ落ちやすい
このJawweiさんのPCメガネはしばらく下向くとずれ落ちてきてきます。
一番最初に本屋で購入したPCメガネはどうだったかなぁ…もう4年ぐらい前なのでそのPCメガネの事はあんまり覚えていないのですが、多分それもずれ落ちやすかった気がします。
板タブで絵を描くならまだしも、少し下を向かないといけない液タブユーザーからしたら非常に鬱陶しいですよこれは。
結構な頻度でずれ落ちてくるので、自分も途中で邪魔に感じたら「もうええわ!」とPCメガネを取り外して作業再開します。(買った意味は…?)
 
…しょーもない話ですけど、絵を描く時って大抵音楽聴くじゃないですか?
自分はたまにテンション上げるためにヘヴィメタルも聴くのですが、小さくヘドバンしてもこのPCメガネは即落下するんですよねぇ~。地味に萎えます。
そもそも集中しなければいけないのにヘヴィメタなんて聴くなって話ですが(笑)
だから今は作業BGMをヘヴィメタからジャズの曲に変えてるんですけど、ジャズだとリラックスできるけど途中で眠たくなるんですよねぇ。
結局作業BGMは何がいいんでしょうね…?
 
少し話がそれましたが、安いPCメガネに限った話ではないかもしれませんがズレ落ちやすい事は覚えた方が良いでしょう。
問題点はこれぐらいですかね。

ザ”サプリメガネのPCメガネ(9000円弱)

これが見出しの「9000円弱のPCメガネ」こと、ザ”サプリメガネさんのPCメガネです。つい最近買いました。
迷いましたが、説明文を読むと「レンズは薄っすらと黄色いだけ!」と正直に書いてあったので、ちょっと期待して買ってみました。
このPCメガネだけに焦点を当てると「おぉ良い感じだぁ!」としか書けないし、比較したほうが感想出やすいので、もうこのまま比較していきます。

JawweiのPCメガネ(1000円強)vsザ”サプリメガネのPCメガネ(9000円弱)

9000円のPCメガネはどれくらい良い物なのかを1000円のPCメガネと比較していきたいと思います。

PCメガネケース対決!

f:id:kedama_okm_pppokm:20191105170848j:plain

左:ザ”サプリメガネのPCメガネケース  右:JawweiのPCメガネケース

ありゃ…?

f:id:kedama_okm_pppokm:20191105170844j:plain

左:ザ”サプリメガネのPCメガネケース  右:JawweiのPCメガネケース

ぱかぁって開けてみても「ありゃ…?」と思いました。

ケースだけ見たらJawweiのPCメガネのデザインの方が良い気がします。

これは好みかも知れませんが、ケースに力入れている感じがするのはJawweiさんの方かなぁ…

f:id:kedama_okm_pppokm:20191105170840j:plain

f:id:kedama_okm_pppokm:20191105170836j:plain

ザ”サプリメガネのPCメガネケースが大回転!

ちなみにザ”サプリメガネのPCメガネのケースは滑り止めが無く、端っこをちょっと触るだけでも回転します。回そうと思えばめちゃくちゃ大回転します!

…まぁ、これは別にどうでもいいと思ってるんですが、滑り止めのないメガネケースってどうなのかな?普通ですかね…?

絵が思うように描けなくて悩んでる時にこのケースを回転させると良いかもしれません。ハンドスピナーの代わりに持ってこいですね!

レンズの透明度対決!

下にコピー用紙を置いてそれぞれのレンズの透明度について確認してみました。

f:id:kedama_okm_pppokm:20191105170830j:plain

上:Jawweiのメガネ 下:ザ”サプリメガネのPCメガネ

ん~…分かりますかね?

f:id:kedama_okm_pppokm:20191105170826j:plain

上:Jawweiのメガネ 下:ザ”サプリメガネのPCメガネ

もうちょっとくっきり見えるように写真を加工してみました。

比較すると、若干ザ”サプリメガネのPCメガネの方が黄色みが薄いかな?という印象でした。

しかし実際かけてみると、あまり違いが分かんないんですよねぇ。

ザ”サプリメガネのPCメガネの方がほんの少し透明度が増したかなぁ?程度にしか思えなかったです。

もしかしたら自分が色弱の可能性が…そうでは無いことを事を願いたいです。

比較して9000円のPCメガネは結局何が良かったの?

さらに目が疲れにくくなった

ザ”サプリメガネのPCメガネをかけてから、さらに目が疲れにくくなった気がします。

JawweiさんのPCメガネはブルーライトカット率は記載されておらず不明ですが、ザ”サプリメガネさんの商品の説明分を見ると「5000円以下のPCメガネは20~30%しか軽減しない」と断言しています。

すごいですね…普通は他社の製品に喧嘩を売るような事は書けないと思いますが、めちゃくちゃ強気ですね。それだけの確信があるという事なんでしょう。

f:id:kedama_okm_pppokm:20191027214457j:plain
f:id:kedama_okm_pppokm:20191027214506j:plain
ブルーライトカットテスト(左:従来品、右:ザ”サプリメガネ)

ザ”サプリメガネさんAmazonの商品画像を引用させて貰いますが、これ分かりやすいですよね。94%カットはもうほとんどブルーライトが通っていないような印象です。

証拠画像としては十分納得させられました。

このブルーライトカット率でこの透明度は結構すごいのでは?と思いました。

フィット感が良い

JawweiさんのPCメガネはずれ落ちやすいと先程書きましたが、ザ”サプリメガネさんのPCメガネは逆にずれ落ちにくいです。

試しにちょっと激しくヘドバンしてみましたが、全然落ちる気配なかったです。

ずれ落ちるまで頭振り続けようと思ったのですが、頭が痛くなって先に自分がギブアップ。強いな…!

このフィット感も普通にすごいと思いました。くしゃみする時JawweiさんPCメガネだと極端にずれ落ちてたのですが、ザ”サプリメガネさんこれなら安心ですね。

9000円のPCメガネの総合的な感想

「レンズがほんの少し透明度上がったかな?」としか思えなかったので少し懐疑的であり正直なところ値段相応かは分かりませんが、ブルーライトカット率が遥かに高いしフィット感も結構良かったので、少なくとも1000円のPCメガネよりかは性能が良く使い勝手の良い商品だなと思いました。 

同じ性能、同じ値段で女性用の物もあったので一応貼っておきます。
少し高いですが、デジタルで絵を描いてて目の疲れが気になる人には心強い味方になるかもしれません。

は?ちょっと待って、一番の問題が解決してないじゃない!

…やっぱりレンズの黄色み、気になりますよね。ザ”サプリメガネさんの9000円のPCメガネでもこの問題は解決できなかったです。デジ絵で色を塗る際、裸眼の時と色がほんの少し違ったのも否定できません。

結論としては

  • 裸眼で頑張る
  • 黄色みを諦めてそのまま作業する
  • さらに良いPCメガネを見つける

ですかねぇ…。

「裸眼で頑張る」は完全に本末転倒になるのでちょっと置いときますが、割り切って「黄色みを諦めてそのまま作業する」のも一つの手かなぁと。自分は諦めてそのまま作業してますね。

で、最後「さらに良いPCメガネを見つける」なんですが、一つ気になるもの見つけまして…↓

Bauhutte (バウヒュッテ) ゲーミングチェア ブラック レンズ横幅56mm/鼻幅17mm/テンプル長135mm/全体幅145mm ゲーミングメガネ BGG-01-BK

(商品そっちのけでモデルが際どい写真はブログに貼りづらいからやめてほしい…)

ブルーライトの中でも強い有害光線をカットし、レンズの透明度も高いと言われているこのゲーミングメガネ。なんかゲーミングチェアって書いてるけど、売られているのはちゃんとしたゲーミングメガネです。

気になるお値段は

25,282円!

たっかw

金銭的に余裕ができたら買ってみようかな。今は無理。

まとめ

・9000円のPCメガネは1000円のPCメガネより、ほんの少しだけレンズの透明度が上がった

・9000円のPCメガネは1000円のPCメガネより、目が疲れにくくなった

・9000円のPCメガネは1000円のPCメガネより、フィット感が良くずれ落ちにくい

・ザ”サプリメガネさん曰く「5000円以下のPCメガネはブルーライトカット率20~30%しか軽減しない」らしい

・レンズが少し黄色っぽいのは諦めるか、下書きや漫画を描く時のみに装着したりするなど使い分けてみる

こんなところです。

予想していたのとちょっと違うなぁって思った人もいると思います。

この記事を判断材料として、ちょっと高めのPCメガネを購入するのに手助けにでもなれれば幸いです。

またまた長くなりましたがここまで読んで頂きありがとうございました。

ではまた!